ピルと体重とリズムについて

生理などで体内ホルモンは増減を繰り返しますが、医薬品のピルを服用している間は、体内のホルモンバランスは整います。ですから常に、妊娠しているような状態です。服用を始めてから、体重の増加が気になる女性も合いますが、薬剤の成分の影響も多少は関わります。女性ホルモンのプロゲステロンは、水分調節や食欲を増進させる作用もあります。このホルモンの影響があるために、生理前の女の子の食欲は高まります。

ピルの服用で身体は妊娠中と同じホルモンバランスに整えられますので、自然に赤ちゃんのために栄養を欲してしまう傾向にもなります。ですげ実際には、体重の大幅な増加は、単なる食べ過ぎとカロリー消費の少なさです。ピルは太るという副作用が、今では一般的に女子にも根付いてきたものの、それは本人次第で解消できる問題です。

ピルの低用量経口避妊薬は、パートナーとのスキンシップでの避妊の効果も持ちますが、女性の体のリズムの乱れを整えてくれる作用のある医薬品でもあります。ネット社会でもある現代社会を生きる女性たちにとっては、自分の体のリズムを整えることは自己責任でもありますし、働くためにも社会生活に与える影響を少なくさせることができます。

ピルのメリットは素晴らしく、女性特有のお悩みにアプローチをしてくれます。乱れがちな周期も、お薬によって月経の周期を管理できる為に活用できます。実薬を21日分飲んで、それからお休みは7日間持つというのが飲み方です。お薬のお休みに入ってから数日で月経が始まりますので、毎月順調に28日周期で生理を迎えることができます。生理の調整をすることもできるために、女性が自分自身で計画性のある体調管理を行うことができます。