避妊リングはピルと違いカンジダになる?避妊方法とは

避妊方法にはいくつか種類があります。まず一番スタンダードなのがコンドームを装着する方法です。安価でコンビニやドラッグストアで簡単に購入できるため、ほとんどの方はこの方法を使用していることでしょう。これは男性主体の避妊方法ですが、男性に装着を拒否されてしまえば避妊ができない、破れやすいなどのデメリットも存在します。一方、女性主体で避妊ができる方法も存在します。1つ目は避妊リングを子宮内に装着する方法です。産婦人科で施術を受けることで数年間は避妊効果があります。費用は一般的に3万円からです。すでにお子さんがいる方などが装着することが多いです。高い避妊率で、性交渉の都度避妊をする必要がないのが便利です。避妊リングを外せば再度妊娠が可能なので、妊娠したくなった時は産婦人科で外してもらいましょう。デメリットとしては、装着時に痛みがあること、数年に一度の交換が必要なこと、保険適用でないこと、個人差はありますがカンジダなどの病気になりやすくなったり生理の出血量が増える場合があるということです。もう1つの方法は低用量ピルを服用する方法です。2種類のホルモンが入った錠剤を毎日自分で決めた時間に服用します。低用量ピルは産婦人科によって異なりますが、だいたい1シート2500円から購入できます。メリットとしては避妊効果がある他に、生理に伴う腹痛、頭痛、吐き気、肌荒れ、出血量の多さなどを軽減してくれること、子宮内膜症などの女性特有の婦人科系の病気を予防できることなどがあります。デメリットは飲み始めに吐き気などの副作用が出る人がいること、毎日服用するので飲み忘れが発生しやすいことなどです。自分のライフスタイルに合わせて適切な避妊方法を選びましょう。